寒舎@猫空

b0343092_21242592.jpg

全長4キロ余りのモノレールに乗って、木柵鉄観音の産地へ行きました。

こちらは、終点猫空駅から徒歩30分の茶藝館。

b0343092_21294711.jpeg

山の中に、ほったて小屋とパラソルで、簡素な作りですが、有機農園として認証され、鉄観音の自家焙煎に定評のあるところとのことで、わざわざ訪問。

香りもよく、甘みもあり、しっかり火入れが深い感じのお茶で、何杯でも飽きずに飲めます。

猫空の茶藝館、素敵です。本当にオススメ。

b0343092_21341378.jpg

手前にある台北市のお茶の博物館では、農家が交代で試飲と即売をしています。こちらでも、木柵鉄観音と木柵包種茶の2種類を購入。

香港の4分の1ほどのお値段で購入できました。

猫空の茶藝館巡り、またいつか行きたいです。





[PR]
Commented by nobikunJ at 2018-02-26 19:24
義理兄姉夫婦の家の近くにとても美味しい中華料理屋さんがあって、食べ物ももちろん美味しいのですが、食後にいただくお茶がすごく美味しくてびっくりしたことがあります。
追求すると深いんでしょうね。
香港から台北って、確かに距離は近いけど、手軽に行けるものなんですね。知りませんでした。
猫空駅っていう名前が何とも不思議で、素敵ですね。
Commented by 39nohana at 2018-02-27 19:48
> nobikunJさま

お茶は、中国では投機の対象でもあり、ピンからキリまであるんですよね。
香港人は普洱茶(広東語ではポーレイ、普通話でプーアール)を好みますし、本場です。
中国、台湾全土の中国茶が手に入りますが、やっぱりその土地の気候と食べ物に合ったお茶が身体に良い気がして、普段レストランでお願いするのはポーレイばかりです。
お茶の世界、深くてよくわからないけど、いろいろ試して楽しんでいます。
by 39nohana | 2018-02-20 21:22 | 旅行 | Comments(2)

はちのお留守番生活と、ママの香港生活を綴ります。


by 39nohana